カテゴリ:仕事・キャリア関連( 43 )

Secret Santa

c0002590_5373799.jpg


会社でシークレット・サンタなるものをやりました。予算を決めて、くじを引いてプレゼントを送る相手を決めます。何をあげようかな、って考えるのが楽しいですね001.gif。女性スタッフがあげる相手だったので、Pottery Barnでアクセサリーケースを??

プレゼントを交換する日に、相手に直接渡して、サンタの正体がわかる、となります。

私のサンタさんは男性スタッフで、ターゲットのギフトカードをくれました。笑 「何をあげようかちゃんと考えたんだよ〜やっぱり赤ちゃんたちにとおもって〜」ともうしわけなさそうでしたが、とんでもない〜!助かるわよ、ギフトカード!003.gif

なかなか楽しかったです。機会があったらまたやってみたい!
[PR]
by eugeen | 2013-12-25 05:16 | 仕事・キャリア関連

嵐の真っ只中?

c0002590_17342100.jpg

エントリとは関係ありませんが、ノンタン作「アンパンマン痛いいたい」。2ヶ月くらい前のものですが…初めてそれらしいお絵描きです。

仕事の愚痴など…笑
「仕事のことはソーシャルメディアで書きません」的な書類にサインをさせられているのですが(社員全員)、仕事内容やクライアントが特定される内容でなければ大丈夫でしょう。日本語で書いてるし。笑

昨年の終わりごろから、吸収合併に伴う諸々の作業があり、既に忙しくなっていた職場。業界で世界最大の会社になりました。別に恩恵ないけど。笑TrainingやMeeting三昧、、、何しろ会社が変わると使っているソフトも変わるし(しかも複数)、方針も少しずつ変わるし、新しいカルチャーにも慣れていかなくちゃいけないし、前の会社には無かったプロジェクトがあってそれも始めなくちゃいけないし。。。これが現在進行形。

それに加えて、先月にはカリフォルニア州の監査が入り(抜き打ちです)、私が携わる業務には特に問題無かったのですが(ほっ)、修正しなくちゃいけない個所はクリニック全体でもちろんあったわけで、そのサポートをすべく新たなタスクが与えられ。。。orz ま、クリニック全体で(さらには近隣のOCのクリニック、そして南カリフォルニアを統轄するディレクターやお偉方も一緒に)助け合ってる的な雰囲気はいいかなと思うんですが。

なので実際私の本来の仕事は後回し…特にペーパーワークは家に帰ってきてからやってます。ペーパーワークといっても、会社のサーバーにIEからアクセスしてそこに情報を入力する作業ですが。

ノンタンを寝かしつけてから(といっても一緒に1時間くらい寝てしまう--; 命名「寝かしつけミイラ」。起きたときは頭スッキリです。笑)、お風呂入って寝るまでの1時間くらい、PCに向かって仕事。接続が悪くていきなりサーバーにコネクトできなくなったりしてちょっとムキーとなりつつ。合間に妹とLINE。そしてBGMはテレビジャパンでリアルタイムでやっている大相撲初場所。笑

そんな1月が過ぎていきます…早く監査落ち着いてくれ~

**追記:1月30日現在、やっと監査を正式にパスしました!ホッと一安心~~
[PR]
by eugeen | 2013-01-16 17:26 | 仕事・キャリア関連

c0002590_15354674.jpg

写真は9月半ば頃のノンタン。
靴を履いて、外歩きデビューしました!
ファーストシューズは、少し大きめなコンバースです。


さて、ある日の会社での出来事。
そもそもの発端は、Richardというスタッフの誕生日当日に、患者さんが買って来た大きなクッキー(直径にして10センチくらいで、うすべったい。レストランのデザートメニューにもあったりします)。Richard本人はその日お休みでいなくて、クッキーはスタッフのランチルームにぽつんと置いてありました。何にも知らず、美味しそう、と一口食べてしまったところ、別のスタッフが入ってきて、「あ、それ、Richardの誕生日プレゼントよ!持ってきた患者さんが、Ryan(またまた別のスタッフ)に仕事終わったら届けに行って、ってお願いしてたわよ!」と驚いた様子。

がーん!
や、やってしまったっ!

Oh my God...と凍りつく私。食いしん坊、身を滅ぼす!とばかりに。。
I did not know...とつぶやきながらも呆然としていた私。
と、ちょうど私の隣に座っていた非常勤の看護士さんが、おもむろにスプーンを手にとって、クッキーを食べ始めたではないですか!
「これで僕も共犯だから。Eugeenが主犯だけどね。」と笑いながら一言。

な、なんて、いい奴・・・!!
感動してしまいましたよ。笑

その後、クッキーは結局他のスタッフたちにも食べられ(苦笑)、Richardのもとに届く事はありませんでしたが、どうもすっきりせず、Richardと患者さんには最初の一口を食べてしまった旨を報告&謝った私でした。。。

学んだこと。
もらいものには最初に手をつけないぞ!

[PR]
by eugeen | 2011-10-02 16:05 | 仕事・キャリア関連

The Juggle


産休から復帰してちょうど1ヶ月。いやー忙しい1ヶ月だった!! 
たまたまですが、アセスメントが30人以上、AbuseのReportも2件しなくちゃいけなかったし、四半期を振り返るミーティングもあったりして(その為に進捗報告の資料作りをエクストラでしなくちゃいけなかったのだ)、めまぐるしい毎日でした~。

それでも、8時に出社して4時には退社、の8時間勤務を通しました(持ち帰って家でちょこちょこ仕事しましたが)。産休前まではだらだらと5時くらいまで仕事していたけれど(夫も6時半まで帰らなかったし)、今では3時50分から帰る準備を少しずつ始めて、4時にはもう会社を出るというパターンに。だって、ノンタンに早く会いたくて!(^^)出社して最初の1週間は、ノンタンどうしてるだろう、と仕事中いてもたってもいられませんでした。夫が家でみてくれているから安心だったものの、デイケアに預ける時はどれだけ大変なんだろう。ノンタンよりも、私の方が離れられないみたい(笑)。

私にはラッキーなことに、同じ時期に出産したお友達が何人かいます。そのうちの2人とサポートグループと称してよく集まっているんですが、一緒に頑張って育児している仲間がいるという安心感は本当に変えがたいものです。そのお友達の1人が送ってくれたウォールストリートジャーナルの”The Juggle"というコラム。このエントリのタイトル、ここから取りました。The Juggleは、家庭と仕事をJuggleしている(=いっぺんにこなしている)複数の女性記者によって書かれています。このコラム、色々なTipsをもらえたり、「あ、わかる!私もそう!」と同感できたり、あるいは思いもよらなかった意見に考えさせられたり。記事に寄せられた読者からの(時に辛らつに記事を批判している)コメントもとても面白いです。
http://blogs.wsj.com/juggle/

今この記事、ノンタンがプレイジムで遊んでいる間に書いてます。そろそろ相手してあげないと。さて、子育てに戻ります・・・
フルタイムの仕事が一つ増えたみたいな感じ(笑)。
Kudos to all juggling mothers out there...!

c0002590_13225724.jpg

サポートグループ仲間のお友達から頂いた品々。うさちゃんは、グルーミングセット。髪の毛がすごく多いノンタンなので愛用しています♪
[PR]
by eugeen | 2010-11-05 13:26 | 仕事・キャリア関連

職場復帰も間近に。。。


今週は、ノンタンを職場に連れて行きました!
沢山の子持ちの看護婦さんたちと働いているので、妊娠期間も色々と世話を焼いて頂いて(笑)。ノンタンを連れて行ったら、とっても喜んで迎えてくれました(^^)。

早いもので、もうあと1週間で職場復帰。
仕事に戻る事自体はとても楽しみなのですが、やっぱりノンタンと離れるのはつらい。
母乳育児なので、仕事中にさく乳もしなければならないし。
3時間に一度は張って痛くなるので、最低でも2回はさく乳しないといけないだろうな、、。

ラッキーなことに、夫が2ヶ月休みを取ってくれるので、私の仕事復帰と同時にバトンタッチ。彼が家で2ヶ月ノンタンをみてくれます。
お休み前の今でも、お風呂に入れたりあやしたり、ノンタンの世話が大好きな夫は、今からお休みが楽しみで仕方が無い様子(^.^)。
今はやりのイクメンですね(笑)。

夫が仕事復帰後は母がまた1ヶ月滞在してくれるので、家族でノンタン6ヶ月までみてあげることができる計算に。
その後は、母に(退職後は父も)3ヶ月に一度くらい来てもらえたらいいなぁと思っていますが、基本的にはデイケアかナニーを雇うことにしています。
ノンタンが少なくとも1歳になるまでは、私か家族がみてあげたい、というのが理想ですが、そうもいかず。
少しでも一緒にいる時間が増やせるように、ペーパーワークを家でやらせてもらえるよう打診してみるつもり。
(家のPCから会社のネットワークにアクセスできるので在宅勤務もある程度は可能なのです。今までもそうして家で残業してたし。)
あるいは土曜出勤かな~(クリニックは月‐土営業なので)。営業時間が長くて(週6日、朝5時から夜5時まで!)、フレキシブルに働けるのが利点でもある職場なので。
上司と相談しながら、クライアントの様子もみながら決めていこうと思っています。

写真はお友達から日本から買って来てくれたお土産♪
日本のものはかわいいなぁ・・・とうっとり眺めています。
お洋服もおもちゃも、Usedも含めて頂き物ばかりでまだ自分達では買っていません。
ノンタン、幸せものです(^^)
c0002590_7181692.jpg

[PR]
by eugeen | 2010-09-25 07:25 | 仕事・キャリア関連

reunion & baby shower


前に働いていた会社のスタッフが、ベビーシャワーをしてくれました♡
みんなLAに住んでいたので、家でのシャワーに呼ぶのではなく、私がLAまで行ってきました。
スープランテーション(ベジタリアン向けバフェスタイルのレストラン)で開いてくれました。

実は私が働いていた支社は統廃合によって3月頃に無くなってしまっていて(!)、その際にほとんどのスタッフが解雇されてしまっていたので、オーガナイズしてくれたスタッフはなかなか他のスタッフと連絡がとれなくて大変だった、と言っていましたが、それでも10人近くが集まってくれました。
6ヶ月ぶりの再会で、積もる話も沢山!ベビーの話もそうですが、いかに前の職場が楽しかったか、で盛り上がりました。

本当に、できることなら妊婦&仕事生活を、この職場でこのスタッフと過ごせていたら。。。と今でも思います。妊娠前から私が子供をほしがっているのを知っていたし、困ったときはいろいろ融通がきいたし(笑)。そんな事を言っても仕方がないけれど。よい出会いと、こうやって再会できたことを喜ぶこと、そしてこれからもずっと連絡を取り続けていくこと、それが今の私にできることかな。

今回オーガナイザーのスタッフが用意してくれたプレゼントの一つが、とても素敵で感動したので、ベビーシャワーを企画する人にはぜひオススメしたいのでここに載せておきます!
まず塗り絵ブックを用意。その最初のページを参加者に塗り絵してもらって、さらには、産まれてくる赤ちゃんにメッセージを書いてもらいます。赤ちゃんが塗り絵ができて字が読めるようになったら、そのメッセージを一緒に読む、という仕組み(^-^)。どうですか、素敵でしょう?? 塗り絵ブック以外でも応用できそうですね!

さて、今週の金曜日には、夫の会社のスタッフがベビーシャワーをしてくれます(私もボランティアしていたのでスタッフとは顔見知りなのです)。またLAまでドライブです(片道のみですが)。最後の最後まで忙しくしています〜〜その方が体重増加をコントロールできるかな?
[PR]
by eugeen | 2010-06-17 14:15 | 仕事・キャリア関連

またまた、サプライズ。

c0002590_1082018.jpg


サプライズパーティは楽しい!などと前回のエントリで書いていましたが・・・

今日、私もサプライズの標的になってしまいました!

会社のボスやスタッフが、知らないうちにベビーシャワーを企画してくれていました!!
まさか、数日後に自分も「サプラーイズ!」と言われるとは(笑)。

さすが鈍感な私、今日1日みんながこっそり準備していた事に全く気がつかず(^^;)。
「スタッフミーティングあるからランチルームに来て~」と言われて、なーんにも考えずに行ったら部屋が真っ暗。あれ、と思ったら・・・という流れで。
(今考えたら、この間スタッフミーティングやったばっかりじゃん?しかもなぜランチルームでミーティング?とか色々不思議な点があったなー笑)

ギフトと、美味しいケーキも用意してくれました☆☆
c0002590_1015398.jpg


血糖値もあがって幸せー(笑)
最初はもうびっくりして言葉にならず、でもじわじわと喜びに変わっていって。いやー、サプライズはされる方も嬉しい!楽しい!(^.^)
働き始めてまだ6ヶ月にもならないのに、とっても良いボスとスタッフに恵まれて幸せだなぁとしみじみ思いました・・・「私たちみんなのBabyだからね!!」と何度も言ってくれます。

産まれる前から、こんなに沢山の幸せをくれるお腹の赤ちゃんに感謝です。
[PR]
by eugeen | 2010-05-06 10:09 | 仕事・キャリア関連

いつの間にか・・・

c0002590_1373796.jpg


私の上司(50代、白人男性)は、自他共に認める、カフェイン好きで。
毎日必ず、お昼過ぎになると運転してスタバまでコーヒーを買いに行きます。
朝、出社前にもスタバによって一杯飲むそうです。
雨の日も、風の日も。
そんな生活を数十年続けていたら、スタバから「ゴールドカード」なるものを貰うことになり、このカードを持参すれば、どのスタバでも買い物が全て10%オフになるそうです(笑)。そんなものがある事すら知らなかった!ゴールドカードなのにカードの色は黒でしたけど。

毎昼、いそいそと出かける彼を横目に、スタッフ皆で、「また行ってるよ~」とからかっていたりしたのですが・・・ ・・・いつの間にか「じゃぁ、私の分も買ってきて~」という面々が増えていき、私もその一人になりました(笑)。私の場合は、アイスティですが。お金だけ渡すと、嫌な顔ひとつせずに買ってきてくれます。10%オフの恩恵にさずかっています(^.^)。


ちょうど、Orange County RegisterのLife & Wellnessセクションに、カフェインに関する記事が載っていました。
1日300mgまでのカフェイン(コーヒーにして3杯、お茶ならだいたい6杯)摂取は、うつ病や腸がん、さらにはパーキンソン病やアルツハイマー病になるリスクを減らしてくれるのだとか。
ドーパミンの減少を抑えてくれる作用が、パーキンソン病のリスク軽減に貢献していて、さらにはカフェインに含まれるクロロゲン酸なるものが、アルツハイマーや腸がんのリスク軽減に関係しているようです。
(妊婦さんや骨粗しょう症の人はカフェインの量を減らした方が良いとも書いてありましたが。)

このニュースに、上司が食いつかないわけがなく、朗読してましたよ(笑)。
東洋医学的には、カフェインは避けたほうが良いようなのですが、お昼後の一杯のおかげで、仕事がはかどるような気がしています。
・・・まぁ、ほどほどに。Portion Controlが大事なのは、カフェインにも当てはまりますね。
[PR]
by eugeen | 2009-08-27 13:11 | 仕事・キャリア関連
c0002590_15134183.jpg


数ヶ月だけTemp Staffとして働いてくれていたアシスタントと、金曜日でお別れでした。
最後の日、彼女が素敵なプレゼントを置いていってくれました。
(ケーキを一緒に食べただけのFarewell Partyをしたくらいで、私は何もあげてないのに~。)
象印の魔法瓶と、カードにメッセージ。

魔法瓶、懐かしい~!ちなみにこのアシスタントの子は、日系ではありませんが、自分もよくこの魔法瓶を使うそう。私が会社で、使い捨てのカップに緑茶や玄米茶のティーバックを入れて飲んでいるのをみて、また「マグカップもいいけど、お茶がすぐ冷めちゃうんだよね」などと言っているのを聞いていたらしい。で、彼女曰く、「使い捨てカップに使われている薬品が、温かい飲み物だと溶け出して、身体に良くないから!」と、魔法瓶をくれたのでした。

さらには、ちょっと涙ぐんでしまうくらい、心のこもったカード。
もともと、自分の専門とは違う分野でのアシスタント業務をやらされて、最初は納得いかなかったり気乗りしなかったこともあったのでしょう。そんな中、私たちの仕事振りに接して、やりがいや意味を見出してくれるようになったようです。いやー、そういうのが、一番嬉しいかも・・・(嬉涙)。

彼女のメッセージを、せっかくなので載せておきます。
私が仕事で凹んだり、やる気を失いそうな時に、いつでも読み返せるように(^.^)。

Dear Eugeen,

Thank you for all the help during my x months working here. I've learned so much. You are a great supervisor. Because of you, I appreciated much more working in this setting. ---- I saw what a social worker could do in making positive impact in people's lives. I've learned to be clinical as an assistant in this setting. I didn't perceive this when I was at another office. However, what I appreciated the most is your heart for clients. I shared my experiences here with my friends often. Thank you so much for being there. I really thank God for you :-) May the Lord blesses you richly in your daily. All the best,

C.C.
[PR]
by eugeen | 2009-06-07 15:17 | 仕事・キャリア関連

Nails in the Fence.

仕事先で出会った、作者不詳の、ちょっと素敵なお話。
(ググってみたら、a little girlとmotherのバージョンもありました。)

"NAILS IN THE FENCE"


There once was a little boy who had a bad temper. His Father gave him
a bag of nails and told him that every time he lost his temper, he must
hammer a nail into the back of the fence. The first day the boy had
driven 37 nails into the fence. Over the next few weeks, as he learned
to control his anger, the number of nails hammered daily gradually
dwindled down. He discovered it was easier to hold his temper than to
drive those nails into the fence.
Finally the day came when the boy didn't lose his temper at all. He
told his father about it and the father suggested that the boy now pull out
one nail for each day that he was able to hold his temper.


The days passed and the young boy was finally able to tell his father
that all the nails were gone. The father took his son by the hand and led
him to the fence. He said, "You have done well, my son, but look at the
holes in the fence. The fence will never be the same. When you say
things in anger, they leave a scar just like this one. You can put
a knife in a man and draw it out. It won't matter how many times you
say I'm sorry, the wound is still there."
A verbal wound is as bad as a physical one. Friends are very rare
jewels, indeed! They make you smile and encourage you to succeed. They
lend an ear, they share words of praise and they always want to open
their hearts to us."


Send this to everyone you consider a FRIEND, even if it means sending
it back to the person who sent it to you. If it comes back to you, then
you'll know you have a circle of friends.


Just one more thing...

Please forgive me if I have ever left a hole in your fence!



***
個人的には"holes in the fence"とタイトルをつけたい気がしました。
そう、一度発した言葉と言うのは、どんなに謝ってももう取り消す事はできないもの。
最近とてもやっかいだな、と思うのが、自分は親切心のつもりで言ったりやったりする事が、押し付けがましくなっていたり、あるいは自己満足に過ぎなかったりすること。そしてそれに自分が気がつかないこと。

人を傷つけたり嫌な思いにさせるのは、悪気や怒りの言葉だけではないんだよなぁ。
[PR]
by eugeen | 2008-06-10 07:45 | 仕事・キャリア関連

大学院・結婚・就職・出産その後の生活@Los Angeles and Orange County, CA 最近はすっかりお家派…。


by eugeen