カテゴリ:教会・信仰( 40 )

Happy Easter!

c0002590_693653.jpg


Jesus is risen!

出産後初めて礼拝に参加できました!
神様の新しいご用に導かれ、新しい英語の教会です。
どうか恵みと祝福に満ち溢れた伝道生活となりますように。

[PR]
by eugeen | 2014-04-22 06:08 | 教会・信仰

Merry Christmas...

c0002590_1314109.jpg


主のご降誕を心よりお喜びもうしあげます。
Happy Birthday, Jesus!


今年もツリーを出してくれた夫に感謝!笑 飾りつけは私とノンタンで(^^)
[PR]
by eugeen | 2013-12-25 13:12 | 教会・信仰
c0002590_15184686.jpg

新年の朝ごはんはロブスターを茹でておせちと一緒に頂きました。(^-^)

妹も一緒に4人でのんびり過ごしました023.gif4泊の旅だった妹、買い物に明け暮れておりました037.gif

4連休でゆっくりできて、明日からお仕事頑張れそうです026.gif
今年もどうぞよろしくお願いします。

今年の抱負みたいなもの。
[PR]
by eugeen | 2013-01-02 11:31 | 教会・信仰

夫の不在と母の来訪。

c0002590_15484463.jpg
母が2週間来てくれていました。
見送りの空港で、いつも入るDaily Grill。
ここでのローストビーフサンドが定番になってきてます(笑)

夫がチャリティ活動の一環で、仙台の被災地を見に行ってくる、と言い出したのが3月半ば。原発の問題も収束していないのにそんな危険を冒して・・・と動揺を隠せませんでした。「君に信仰は無いのか。御心なら必ず神様が守ってくださる」確信に満ちている夫に反論する言葉もなく、現地で(夫の)知り合いが避難所を運営していて、すべてアレンジされているから大丈夫、何かあったら私の家族もヘルプできる・・と言い聞かせて自分を安心させていましたが・・・自分の信仰の浅はかさと神様を信頼するその厳しさを痛感する出来事でした。

で、夫がいない間の1週間、私1人でノンタンをみるのは大変だろう、と父が母を送り出してくれた、というわけなのです。1人ではやはり心細かったので、とっても助かりました!1月に来てくれていたから、約3ヶ月ぶりのおばあちゃんとの再会でしたが、ノンタンは全く人見知りすることも無く、おばあちゃんのことを覚えていたみたい(^^)。夫の不在のおかげで母と一緒にいる時間ができたかな・・・と考えたりもしてます。

夫は1週間後、無事に帰ってきました。ホッと一息・・・どうやら入国でしつこく「フクシマに行ってきたんだろう」と聞かれたそうです。東京にいる友達に観光がてら会いに行ってきた、と繰り返したところ、「じゃぁ家族にお土産買ってきたのか」と切り返され、買ってない、と答えると、しつこく「観光じゃないんだろう」と食い下がられ、夫が一言:

「ワイフはお土産なんかじゃダメだ。現金じゃないと喜ばないんだ!」

これには入国審査官も大爆笑。晴れて入国となったそうです(笑)。

で、お金は?笑 ( ̄▽ ̄)
[PR]
by eugeen | 2011-04-20 16:12 | 教会・信仰

Merry Christmas...

やっと雨があがりましたね~
クリスマス休みに入って会社は4連休。
でもちょっとBehindなので家でも仕事中(^^;)。

ノンタン5ヶ月の記録を駆け足で。。

とうとう離乳食始めました!1日1回、スプーン1杯だけなので、まだまだ母乳がメインですが。The Earth's Bestのオーガニックライスシリアルをあげています。
ほとんどパウダーのようなシリアルを母乳に混ぜてとろとろにして、スプーンで(^^)。
嫌がる様子も無く、でもちょっと「??何これ?」みたいな表情で食べています。
夕食後、まだテーブルについている時にノンタンを膝に座らせて、夫が向かい側でお手本を見せながら。
今のところ問題なさそうですが、便秘だけちょっと気をつけてあげないと(離乳食を始めるとなりやすいそうなので)。

寝返りもほぼマスター♪ でもオムツ替え中に寝返りされるとほんと大変。。汗
おしっこ、うんち共に回数が少し減って、一度にたくさんできるようになりました。
相変わらず何でも口に入れてます。
視界も広がって、遠くにいてもじぃーっと視線を感じます。
一緒に遊んでもらえないと、大きな声で訴えるように(笑)。
「いないいないばぁ」が大好き。少し記憶力・予測力がついてきた証拠ですね!

ノンタン、初めてのクリスマス☆
今年は、ノンタンを見せたくて、色んなパーティにお邪魔しました(笑)。
当日は父も揃って家でのんびりお祝いです。

どうかみなさまにとっても楽しいクリスマスとなりますように・・・

May peace be your gift at Christmas and your blessings all year through...


c0002590_6355668.jpg

[PR]
by eugeen | 2010-12-24 06:36 | 教会・信仰

Treasure Box

c0002590_2251933.jpg


面白いサービスを見つけました!
Treasure Boxといって、$30で食料品を詰め合わせ(小売価格にすると$65相当だそうです)をオンラインで買えるのです。不況で職を失った人たちを少しでもヘルプできれば、と始まったようです。

Good Source Solutionsという、非営利団体や教育機関に食料品を提供している会社のプログラムの一部で、地域の教会と連携してこのサービスを行っています。オンラインで詰め合わせを買うと、このプログラムに参加している教会に取りに行く、という仕組みになっています。(たくさんの教会が参加していて、自宅から近いところを選べます。)

この詰め合わせも、福袋のようなものではなくて、ちゃんと中に何が入っているかウェブサイトに載っていて、4種類くらいの詰め合わせから選べます。中味は毎月変わるようです。ちなみに今月の中味はこちら。やっぱり保存のきくカンヅメや冷凍食品が主ですね。

私もさっそく一つオーダーしてみました!
うちの教会ではこのプログラムには参加していませんが、オーダーしたものを教会で配る予定です(^^)。ホームレスシェルターに寄付したりもできますね。
[PR]
by eugeen | 2010-12-03 22:52 | 教会・信仰

Friendly Persuasion


c0002590_1071562.jpg
久しぶりにDVDを観ました。しかも1956年のもの。
舞台は1860年代、インディアナに住む、Quakers(クエーカー)と呼ばれるプロテスタントの一派の家族のおはなし。信仰上、暴力や戦争、武器の使用などを反対している彼らが、南北戦争のさなかの、彼らなりの信仰生活の様子が人間味たっぷりに描かれています。

この頃のQuakersたちは、音楽やダンス、賭け事、レスリングなどもダメだったんですね(今はどうなんでしょう)。礼拝も独特で、牧師が説教をするという形ではなく、みんなで集まって静かにそれぞれが瞑想して、思ったことを自由に述べていく、というとても自由な感じ。一応牧師さんもいるようですが(映画では、主人公となる家族の、お母さん役に当たる人が牧師さんでした)。音楽やオルガンがダメなので、もちろん賛美歌も歌いません。

・・・と書いているととてもストイックな感じですが、映画の登場人物はそれぞれとってもチャーミングなのです。実は音楽が大好きで、こっそりオルガンを買ってきて、お母さんと大喧嘩してしまうお父さん。Quakersでない恋人がいて、一緒にダンスを踊る事を夢見ている娘。そんな家族をたしなめつつも、かわいいペットのアヒルを食べようとした兵士を怒ってホウキで叩きまくってしまうお母さん。その後、自分の行動が信じられず顔をおおってしゃがみこんでしまう姿が、可愛らしいこと(笑)。
そして、戦争中で罪のない人が死んでいく事実を受け入れる事に苦しみ、信仰にそむくと知りながらも、銃を持って参戦することを決意する息子。両親にその決意を告げた時、お父さんが「I'm just your father, not your conscience」といって息子を送り出すシーンは泣けました。怒って部屋に閉じこもってしまったお母さんも、彼が家を出る時は彼を抱きしめてお祈りをしてあげて、また涙。

Quakersではない隣人との友情も描かれていていました。
全編を通して、人間の不完全さが描かれているんですが、何だかココロ温まるんですよね。「あ、わかるー」みたいな?(笑) でもそんな不完全さが人間らしさであり、神様が愛してくださった人間一人一人なのかもしれないなぁと思ったりしました。

ちょっと年をとったゲーリー・クーパー(お父さん役)もなかなか渋くて素敵でしたよ(^.^)
[PR]
by eugeen | 2010-05-14 10:31 | 教会・信仰

candy cane。

c0002590_15161413.jpg


ちなみに写真の背景のカードは、日本から送られてきたカードです。こういう日本の風景もののカードって、海外に住んでいるととても嬉しいのです。


もういくつ寝るとクリスマス・・・♪
忙しくてあんまり実感わかないんですが(汗)、明日はクリスマス礼拝なので気合をいれて頑張ります。

さてCandy Caneといえば、クリスマスの風物詩の一つですが、その形やデザインにクリスマスと深い意味があることを最近知りました。(夫に呆れられました・笑)

まず、"cane"と名前がついているだけあって、杖の形なんですね。羊飼い達が使っている杖をイメージしているんです。イェスキリスト自身が、迷える子羊(私たちです)を救う羊飼いであることからこの杖の形になったんですね。

さらには、この杖をひっくり返すと、"J"の文字に見えますよね。これは、Jesus ChristのJ、なんだそうです。(よくできてる!)

そして、キャンディの模様である、細い赤の3本線。これは、「三位一体の神(父、御子、聖霊)」の3をとって、3本の線になったそうです。

触ってみるとわかるのですが、このキャンディ、かなりかたいです(噛めません)。”Firmness of God's Promise”、神様のかたい救いの約束とでも訳しますか、それを象徴しているんですね。

すごーい!
なんだか感動的で、それ以来Candy Caneをもらう度にまじまじと眺めています(^.^)。


ではでは、ハッピーな2009年のクリスマスとなりますように♪
[PR]
by eugeen | 2009-12-20 15:40 | 教会・信仰

Happy Easter!


c0002590_14514859.jpg


今年もイースター用にギフトを用意しました♪
おととしはゆで卵去年はうさぎのバックにチョコレート・・・今年はプラスチックの卵に、イースター記念メッセージと卵型のチョコレートを入れて、バスケットに載せてみました。(鳥の巣みたいになってる!)



イェスキリストが私たちの罪を贖って十字架にかかってくださったのだ、という一見奇妙キテレツな出来事が、1人でも多くの人にとっての真実となり生きる糧となっていきますように。

Have a blessing Easter!
[PR]
by eugeen | 2009-04-12 14:57 | 教会・信仰
c0002590_1445572.jpg


土曜日の今日は、Torranceまで映画を観に行ってきました。
限定上映している、「賀川豊彦物語・死線を越えて」
大正から昭和にかけて活躍したキリスト教社会運動家の一生を描いたお話しです。
1988年に製作されたもので、黒木瞳さん、松原千秋さんや長門博之さんが出演しています。

恥ずかしながら、この映画の事を知るまで彼の事を知りませんでした(最近読み返した、三浦綾子さんの本に彼の名前が何度か出てきたのを発見しましたが)。
神学生の時に、貧しい人たちの為に奉仕しようとスラム街に移り住み伝道を行い(マザーテレサみたい)、プリンストン大学留学を経て労働運動、農民運動、そして人権運動に身を投じた人生が描かれています。なんと二度もノーベル平和賞候補になった、世界的に有名な人なのです。

貧困、窃盗、詐欺、伝染病、差別・・・沢山の無理難題に真剣に、真摯に取り組む姿に心を打たれながら、時折コミカルな場面も沢山あって、エンターテイメントとしても充分に楽しめました。

伝染病が蔓延するスラムに住んで、病気が怖くないのかい?と聞かれた彼が、「もちろん怖い。でも、怖がっている自分が憎いのだ」と答えた場面が心に残っています。
もうひとつは、報われない恋で良いの?他の人に取られてもいいの?と聞かれた時の、クリスチャンである女性の、「神様に、人を愛すると言う事を教えてもらえただけで満足なのです」という答え。

最近、「努力が報われない、どうしてわかってくれないの」モードになりがちだった私の信仰。(そしてそういうモードに入るとブログも書けなくなる。)反省して、信仰を整えるとてもよい機会となった映画でした。また同じモードに突入した時は、「スラムで伝道していた賀川先生の苦労に比べれば、私の苦労なんてどうってことない」と自分に言い聞かせよう。そして、「イェスキリストが絶えた艱難に比べれば、私のそれなんて大したことは無い」。
[PR]
by eugeen | 2009-04-12 14:47 | 教会・信仰

大学院・結婚・就職・出産その後の生活@Los Angeles and Orange County, CA 最近はすっかりお家派…。


by eugeen